スワップ狙いは有効?

FXを勉強するとそのうちぶち当たるのが「スワップ狙いの運用」という言葉。
「スワップ」が分からない人用に簡単に説明をしますと、国によって金利に差があり、その分のプラスマイナスが一日にいくらか出てくるというのがスワップです。まぁ、USD/JPY(ドル円)とか、EUR/USD(ユーロドル)などではほとんど問題にならないけど、これがAUD/JPY(豪ドル円)とかになると意外とばかにできません。

 

よく「今、スワップ狙いのトレードをするのはいかがなものか」という意見を目にします。
昔(4年くらい前?)からやってる人はそう感じるんだろうなと思います。
その頃は豪ドルの金利が凄いことになってましたから。(私はその頃FXというものを知りませんでしたが、外貨預金はニュージーランドドル建てでやっていました。ニュージーランドドルも豪ドルと同じく金利が高かったのです。)

 

ただ・・・今の時期も決して使えないとは思っていません。

 

最も、それだけを当てにしてトレードをすることは私も推奨しませんが、それでも半月くらい置いておくと、金額的にはそれなりに大きくなります。
(1万通貨でも万近いプラスが出てきます。金利が落ちてきたので、検証が必要ですが、多分。)

 

つまり、それだけ塩漬けにする勇気があれば、十分成立するのです。
おそらく、外貨預金で預けるよりは相当の利回りで帰ってくるはず。(ただし、ロスカットには十分注意)

 

おススメをするわけではありませんが、FX歴1年半の私に言わせれば、それなりに有効な手段です。一度、ご検討あれ。

スワップポイントについてーFX口座開設する前にチェックすること関連ページ

経済への視点
レバレッジはメリット?
チャートをしっかり見る